コラム⑤:生ごみ放置の被害とその対策|ねずみ駆除研究会.com

ねずみ駆除研究会.com

コラム⑤:生ごみを放置すれば、家が崩壊する!?

ちょっとした事が原因でねずみによる被害を招いてしまう場合もあります。 日常からできる対策についてお話しします。

迷惑かけてゴメンネ

HOME >コラム⑤:生ごみを放置すれば、家が崩壊する!?

生ごみの放置に注意!

「生ごみを放置すれば、家が崩壊する」

とは、一体どういう意味なのでしょうか。 これは、ねずみの被害が原因で起こりうることなのです。順を追ってみていきましょう。

「生ごみを放置する」→「臭いに誘われて、ねずみが家に住み着く」→「ねずみが家の中のケーブルや配管をかじる」→「ケーブルがショートする・配管からガスが漏れる」→「火事が起きる」 というように、「ねずみの被害により、家が崩壊すること」もあるのです。 実際にこのような事例はあります。ねずみを駆除するための対策をしなければ、安心して生活をすることはできないのです。

家の中にねずみの気配を感じていたり、もうすでにねずみの被害に悩まされている方々は、以下のねずみ対策を参考にしていただけたらと思います。

対策その1「侵入口を塞ぐ」

特に床下換気口・ガス管などの近くは、ねずみの通り道(ねずみの通り道は黒ずんでいる)がないか確認してください。

対策その2「生ごみを放置しない」

餌になる生ごみなどの原因を作らないことが重要です。

対策その3「ネズミ捕り(粘着シートなど)を設置する」

手軽に設置が出来ます。
粘着シートに関する記事はこちら >>

対策その4「駆除剤を使用する」

ねずみが食べると弱ります。
様々なタイプのものが市販されています。

もし、「ねずみを触ることができない」「ねずみ対策をしたことがなく不安」という方々は業者に相談するのも、有効な手段だと思います。