ねずみの特徴|ねずみ駆除研究会.com

ねずみ駆除研究会.com

ねずみの特徴

ねずみは種類が多く特徴も種類ごとに違います。
ねずみ駆除の前に、まずはねずみの特徴を確認しましょう。

迷惑かけてゴメンネ

HOME >ねずみの特徴

ねずみの特徴

現在、日本で一般的によく見られるねずみは、身体の大きいものから、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミがいます。これらは、人間の生活する場所に巣を作り、夜行性で夜間、活発に動き回ります。雑食でどの種類のねずみも何でも食べます。

ドブネズミの特徴は、体長18~28㎝、体重150~500g程度で、大きなものになると遠目で見ても驚くほど大型です。暗くてじめじめした場所を好み、下水道や床下に生息していることが多いようです。また泳ぎが得意なことで知られ、下水道を縦横無尽に移動することが可能となっています。そして警戒心が強くどう猛で、安易に近づくととても危険です。

クマネズミの特徴は、体長14~26㎝、体重100~200g程度で、昔から日本ではどこにでも存在しており、いわゆるねずみと言えば、このクマネズミのことを指します。高いところが好きで、家屋の天井裏などに巣を作ります。天井でガタガタ音をさせて動き回っているのはこのねずみです。とても臆病で、あまり姿を見かけることはありませんが、人間と鉢合わせしてもたちまち逃げてしまいます。何もしなければ襲い掛かってくることはあまりありません。またドブネズミとは違って泳ぐのは苦手です。

ハツカネズミの特徴は、体長6~9㎝程度、体重10~20gでとても小さいねずみです。狭い場所が好きだということと、身体が小さいということもあって、天井裏や壁の中、箪笥の中など、まさかと思うようなところに巣を作ったりします。どんなに小さな隙間でも、簡単に通り抜けてしまいます。

被害

ねずみによって、人間の生活圏内で引き起こされる被害というのはさまざまなものがあります。ねずみの歯は、人間の爪などと同じで伸び続けるという特徴があり、どうしても定期的に自分で削らないといけません。あちこちかじるのはそのせいでもあるのです。壁などに穴を開けてしまうという被害はもちろん、危険なものでは電気のコードなどもかじってしまい、大きな事故につながるケースも少なからずもあります。特に電線やケーブルをかじって交通機関を麻痺させてしまうこともあります。

また衛生面でも大きな被害が依然としてあり、深刻な感染症などを引き起こすこともしばしばです。ねずみに付着しているダニやノミが、人間の身体へと移動してきた場合、その病原菌も一緒に移動してしまうわけですから、とても危険なのです。ねずみの尿や糞により、食中毒やチフスなども被害を引き起こすことも考えられます。

駆除方法

ねずみは警戒心が強く、素早く、繫殖力も高くて、またとても頭の良い生き物です。おかげで簡単には駆除できず、今までにさまざまな方法が研究されてきました。いったいどのようなものがあるのでしょうか。

殺鼠剤による駆除
これはねずみに食べさせて駆除するもので、じわじわと効いてくるタイプのものです。何日間か連続して食べ(一度食べただけでも効果のあるものもあります)、そのあと3日から5日程度の間に効果が出てきます。ねずみの通り道などに置いて、巣に持ち帰ってもらうことを狙います。巣に持ち帰ってくれれば、その他のねずみも一緒に駆除することが可能となるからです。 ただし、ねずみは警戒心が強くとても頭がいいものですから、人間が置いた罠だと悟られないようにしないといけません。それと結果がすぐに出ないからといって簡単に諦めてはいけません。辛抱強く戦う覚悟で臨んでください。 殺鼠剤に対して警戒をしてなかなか食べてくれない場合、ソースや油などを混ぜて美味しい味付けの工夫をするのもいいかも知れません。またねずみの通り道でない場所に置いている可能性もありますし、できるだけ色んな場所にたくさん置いてみるといいでしょう。

捕獲器による駆除
いわゆるごきぶりホイホイのように強力な粘着シートでねずみを捕獲駆除するものです。ねずみがよく通る場所に、できるだけたくさん置くことをオススメします。そして捕獲が成功した場合、同じ場所には置かずまた別の場所に置くようにします。残されたねずみはその場所が危険であることを知ってしまうので、同じ場所には現れなくなるので、効果的ではないからです。

超音波による駆除
ねずみが嫌いな超音波を流し続けることで、自ら出ていってくれるというものです。死骸を処分することもありませんから衛生的にもよく、とても簡単にできる方法として、最近注目を集めています。超音波なので人間には何の影響もないところにも高い評価があるようです。ただし注意する点としては、ずっと同じ超音波だとねずみも慣れてきてしまうようです。定期的に種類を変える必要があるので、そういった機能が搭載された駆除グッズを用意することが得策と言えるでしょう。

最後に、やはり根本的な問題として、ねずみが居心地の悪い生活の環境づくりを心がけることが大切です。つまりいつも家の中だけに限らず家の外も清潔に保つようにしましょう。